合宿免許GOLD合宿免許を申し込むまでの流れについて|合宿免許GOLD

HOME > 規約事項
車種で探す
普通車MT  普通車AT
普通二輪MT  普通二輪AT  大型二輪MT  大型二輪AT
中型車  大型車  大型特殊  けん引
普通二種MT  普通二種AT  中型二種  大型二種
地域で探す
北海道・東北エリア
関東エリア
甲信越エリア
東海・北陸エリア
関西・中国エリア
四国・九州・沖縄エリア
全国教習所一覧
各車種キャンペーン一覧
自動車免許について
合宿免許って何?
合宿と通学の違い
教習所選びのコツ
失効・取消処分からの再取得
保護者の方へ
無料資料請求
お申込み
お問合せ

チャレンジ25キャンペーン

中国人の方限定の割引について

ブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録 この記事を Buzzurl に登録 この記事を livedoor クリップに登録 この記事を del.icio.us に登録 この記事をGoogleBookmark に追加
共有する

Check  
    

利用規約

手続きに先立ち、下記『規約事項』を十分にご確認ください。

自動車学校入校条件

第1条
年齢条件

取得車種により、以下の年齢用件、運転経歴用件を満たしていることが必要です。

普通免許 満18歳以上  
普通二輪 満16歳以上  
大型二輪 満18歳以上  
大型特殊 満18歳以上  
けん引 満18歳以上  
中型免許 満20歳以上 普通、または大特免許取得者で運転経験2年以上
大型免許 満21歳以上 普通、または大特免許取得者で運転経験3年以上
普通二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
中型二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
大型二種 満21歳以上 普通、大特または大型免許取得者で運転経験の3年以上
第2条
適性条件

公安委員会が定める基準以上の視力・聴力等の適性条件を満たしていることが必要です。

  1. 視力
    [二輪(普通・大型)、普通車、大特]
    片眼で0.3以上、両眼で0.7以上(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
    [中型免許、大型免許、けん引、普通二種、中型二種、大型二種]
    片眼で0.5以上、両眼で0.8以上、深視力誤差2cm以内(眼鏡、コンタクトレンズを使用可)
  2. 聴力
    障害をお持ちの方は、事前に各都道府県の運転免許試験場(運転適性相談窓口)にて適性相談を受けて頂いた上で、申込時にご申告ください。
  3. 色彩識別
    青・赤・黄色の識別が出来る方
  4. 体格・体力
    運転装置に手足が届き、かつ操作できる体格・体力のある方(普通二輪、大型二輪では、二輪車にまたがったときに両足のつま先が地面に着き、倒れている二輪車を起こし、センタースタンドが立てられ、かつその二輪車を8の字に押して歩ける体力を有する方)
  5. 運動能力
    身体に障害をお持ちの方は、事前に各都道府県の運転免許試験場(運転適性相談窓口)にて適性相談を受けて頂いた上で、申込時にご申告ください。
  6. その他
    妊娠中の方は受付できません。
    病気を原因として、意識を失ったことがある方、発作的にけいれんや麻痺(まひ)を起こしたことがある方は、 事前に各都道府県の運転免許試験場(運転適性相談窓口)にて適性相談を受けて頂いた上で、申込時にご申告ください。
第3条
行政処分
を受けた
方の条件

行政処分を受けた方は、お申し込み時に処分内容を自己申告してください。申告漏れ又は虚偽の申告により合宿教習所に入校された場合、教習所でご入校をお断りする場合、及びすでに教習が開始されていても中断する場合がございます。なお、その際にかかった費用(教習費用・交通費・宿泊費用など)はお客様負担となりますのでご注意ください。

以下の項目に該当する方は一部の教習所ではお申し込みできません。

  1. 交通事故・違反等による行政処分で免許取消しになり欠格期間を終了していない方、及び欠格期間は終了しているが処分者講習を修了していない方
  2. 無免許運転による行政処分を受け、欠格期間を終了していない方
  3. 交通事故・違反等による行政処分で免許停止になり免許停止期間を終了していない方
第4条
その他
の条件

以下の条件を満たしていることが必要です。

  1. 20歳未満の方は保護者の承諾がある方。
  2. 短期教習スケジュールに耐える健康で体力に自身のある方。
  3. 刺青のある方、薬物中毒の方等のお申し込みは受付できません。入校後に判明した場合は直ちに退校処分となりますので、ご注意ください。
  4. 男女同室のお申し込みは受付できません。
  5. 教習所特有の条件もありますので、お申し込み対象の教習所の参加条件もご確認ください。

合宿制自動車運転免許取得教習参加規約

合宿教習へ参加し入校申込をする場合は、下記の規約に従い円満に合宿教習を進めなければならないものとする。

第1条(予約の成立とキャンセル)

(1)予約成立とは、お客様からの予約申込を頂き、株式会社キャリアコミュニケーションズ(以下弊社という)が所定の予約手続きを開始したことにより、予約成立として効力を有するものと致します。
(2)本契約成立とは、予約成立後、入校申込書(記載漏れ等がないものに限る)の弊社への到達をもって契約成立とさせて頂きます。 ただし、未成年者の方は入校申込書に保護者の方のサイン及び捺印がなければ契約は成立しません。その為、未記入でご提出された場合は保護者の方へご連絡させて頂きます。 (保護者の方へご連絡が取れないとキャンセルになる場合もございます。)尚、記載漏れ等がある場合には、修正した時点で到着時に遡って契約が成立したものとさせて頂きます。
(3)契約成立以降のお客様都合による契約取消(キャンセル)は、キャンセル料21,000円をお支払頂きます。 入金済みの場合は、キャンセル料及び振込手数料を差引き、ご返金致します。(通学の方は除く)

第2条(入校に関する制限)

(1)下記に該当する場合は入校できない場合があります。

@法律で定められた年齢に達していない為、取得しようとする免許の受験資格がない方。
A法律に定められた視力に満たない方や運転に支障のある方。(詳しくはご相談ください。入校できる場合があります) 
B妊娠中の方。
C自動車の運転に支障を及ぼす身体障害のある方。 (運転に支障がある障害及び運転に影響する病気(症状等)がある方は、各都道府県の運転免許センターで 「運転適性相談窓口」にて 適性相談をお受けください。適性相談の結果、不適切となった方は受付できません。 尚、適性相談票は入校時に必ずお持ちください。)
D過去に交通事故・違反等による行政処分で免許取消しになり欠格期間を終了していない方、及び欠格期間は終了しているが処分者講習を受講していない方。(入校希望校によって異なります)
E無免許運転による行政処分を受け、欠格期間を終了していない方。 上記D. E. を受けた方は、各都道府県の運転免許センター(運転免許試験場)「受験相談窓口」にてご自身で欠格期間の終了をご確認の上、必要に応じ「運転経歴証明書」の発行を受け、教習所にご持参ください。
F日本語の読解が出来ない方。
G必要書類が不備の為、入校手続きに支障のある方。(視力をめがね、コンタクト等で矯正している方でめがね、コンタクトを忘れた方も含みます)
H中型車・大型車・二種免許・けん引車等の入校希望の方は深視力検査(奥行き検査)で基準値からの誤差が2cm以上ある方。
I二輪車の入校希望の方で、センタースタンド掛け、引き回し、両足がきちんと地面に着くかの検査をし、入校学校が不適格と判断された方。(入校後でも125cc等へ変更される場合があります)
J弊社及び入校学校において合宿教習及び集団生活に不適格と判断された方。

(2)上記項目に関して虚偽の申請又は該当した場合の入校はお受けできません。

第3条(参加者の義務)

(1) 参加者は入校後、学校規則、宿泊規則、教習規則等の遵守及び学校職員(教習指導員等含む)の指導に従って頂きます。
(2)参加者の故意過失、法令及び公序良俗に反する行為、もしくは上記の規則等を守らない事により他の参加者及び教習所(学校)が損害を受ける恐れがある場合、又は受けた場合は退校して頂きます。 その場合、如何なる理由でも参加費用の返金及び交通費等の支給はありません。又、損害が発生した場合には損害賠償を請求する場合もあります。
(3)参加者の故意ならびに自己都合、又は不注意(病気も含む)による教習の未受講の場合、キャンセル料及びその未受講によって生じる延泊宿泊料(食事含む)をお支払頂きます。
(4)合宿期間中は原則として一時帰宅する事は出来ません。やむを得ず一時帰宅される場合は、入校教習所(学校)の許可を得て一時帰宅となります。その際に生じる日程の延期、追加料金等に関しては異議申し立てをしないものと致します。

第4条(中途解約)

中途解約とは、合宿校にて入校手続き後や適性試験(視力検査等)を受けた後、あるいは教習を受ける為宿泊した後、参加者の都合で教習を中止した場合をいいます。また、合宿期間中に合宿校及び宿泊施設から無断で離れ、連絡がない場合も中途解約とみなします。その場合、外出期間中の宿泊費も第五条の実費に含みます。

第5条(中途解約精算方法)

入校後、お客様のご都合により中途退校(転校)される場合は、教習所所定の計算方法に基づき、当日までの必要費用の実費、解約手数料を差し引いて教習所よりご返金致します。(ただし、教習の進度によってはご返金できない場合、あるいは追加料金を請求する場合もございます)。なお、必要費用の実費とは、入所金(入学金)・学科教習料金・技能教習料金・検定料金・教材費・宿泊費・食費・その他諸経費のことを指します。また、往復の交通費は自己負担となります。

第6条(解除権・免責事項)

(1)地震・水害・雪害等の天災地変、労働争議、官公庁命令、法令の制定・改廃、不可抗力、その他やむなき事由により安全かつ円滑な教習実施が不可能と合宿校が判断した時は契約の解除、または教習継続のために合宿校・日程・宿泊施設(案内書に未掲載の合宿校・宿泊施設を利用することもあります)を変更する場合があります。
(2)以下の事項に該当し、参加者が損害を被られた場合、当社及び合宿校・宿泊施設は休業補償や損害賠償等、金銭を含む一切の責任は負いかねます。 第六条(1)の事由が生じた場合、入校時の適性試験・学力テストで不適性となり入校できなかった場合、中途解約、合宿期間中の参加者や相手による故意または不注意による事故・盗難・いたずら・傷病等により被った損害、教習中の事故による損害で合宿校が加入する損害保険の補償範囲の限度を超え被った損害、または、その他の弊社及び合宿校・宿泊施設の責によらずに生じた損害。

第7条(反社会勢力の排除)

(1) 暴力団関係者及び反社会的勢力(「企業が反社会勢力による被害を防止する指針」(平成19年6月19日付犯罪対策閣僚会議幹事会申合)参照)及びに刺青(タトゥーを含む)をされている方の入校申込はお受けできません。
(2)弊社及び学校は、契約の成立後申込者が暴力団関係者及び反社会的勢力に該当する事が明らかになった場合に、直ちに契約を解除し一切の返金に応じる事は致しません。

第8条(その他)

(1)入校日の変更等は、入校日の7日前迄にお申出ください。(1回目は変更手数料なし、2回目以降は変更手数料が発生します)但し、有効期限6ヶ月以内で変更希望日が入校可能な日とする。
(2)入校予約のキャンセル及び入校日変更は教習所(学校)では出来ませんので必ず弊社までご連絡ください。
(3)運転免許ローンをご利用の場合は、入校日の2週間前までのお申込となります。(審査等に時間がかかる為)
(4)ペット(生き物)・酒類の持込は禁止になっております。
(5)中途解約(中途退校)または一時帰宅の場合の交通費は支給されません。
(6)教習期間中に転校する場合、転校手続きに関する費用等は教習所(学校)での直接支払いとなります。
(7)お客様が契約後、追加で負担する教習料金(お客様が負担する費用の名目は問わず一切の金額)は、料金改訂や消費税率の変更等により予告なく変更となる場合があります。

インフルエンザ対策にご協力ください

全国的にインフルエンザが流行しています。各教習所はマスク着用、手洗い、うがいの奨励等の対策を行なっております。ご協力をお願い致します。 また発熱等、体調に変化があった場合はすぐに教習所職員にお知らせください。 なお、発症が確認され、医師・保健所等から第三者との接触を避けるべきとの指示があった場合、一時帰宅して頂く場合があります。その際に発生する交通費等はお客様負担となりますので、ご了承ください。