合宿免許GOLD運転免許取消処分からの再取得

HOME > 運転免許取消処分からの再取得
車種で探す
普通車MT  普通車AT
普通二輪MT  普通二輪AT  大型二輪MT  大型二輪AT
中型車  大型車  大型特殊  けん引
普通二種MT  普通二種AT  中型二種  大型二種
地域で探す
北海道・東北エリア
関東エリア
甲信越エリア
東海・北陸エリア
関西・中国エリア
四国・九州・沖縄エリア
全国教習所一覧
各車種キャンペーン一覧
自動車免許について
合宿免許って何?
合宿と通学の違い
教習所選びのコツ
失効・取消処分からの再取得
保護者の方へ
無料資料請求
お申込み
お問合せ

チャレンジ25キャンペーン

中国人の方限定の割引について

ブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録 この記事を Buzzurl に登録 この記事を livedoor クリップに登録 この記事を del.icio.us に登録 この記事をGoogleBookmark に追加
共有する

Check  
    

運転免許取消処分からの再取得

事故や違反で運転免許取消処分を受けてしまった!最速、格安で再取得するには?
このページでは運転免許取消からの再取得についてご案内致します。
更新忘れで失効(期限切れ)になってしまった方は「運転免許失効からの再取得」をご確認ください。
取消処分内容(欠格期間)の確認
取消処分内容(欠格期間)を確認しましょう。欠格期間とは「免許の再取得ができない期間」のことです。
まずはこの期間を確認しましょう。
欠格期間を確認するには?
取消処分を受けた方には「運転免許取消処分書」が渡されます。お手元に↓のような取消処分書はありますでしょうか?
取消処分書
お手元にある場合は、そちらの処分書に免許を受けることができない期間として記載があります。
もし取消処分書を紛失してしまっている場合は、最寄の運転免許試験場に再発行可能かどうかをお問合せください。
再発行が出来れば、再発行された取消処分書で欠格期間をご確認ください。(教習所入校時に必要になるケースもありますので、確認後も保管をお願いします)
再発行が出来ないようであれば、試験場の職員に直接口頭で確認を取ってください。(確認された職員の名前・確認日をメモしておいてください)
再取得に向けて準備する
欠格期間中に免許を再取得することはできませんが、先に教習所に入校すること自体は可能です。
そのため、欠格期間中に教習所での教習を終えてしまい、欠格期間満了日に本免許学科試験を受験、免許交付というのが最速のスケジュールです。
合宿免許であれば、普通自動車(AT限定)の場合最短13日間〜で取得可能です。 価格もオフシーズンでは20万円以下の教習所もありますので、運転免許取消処分を受けてからの再取得は合宿免許をオススメします。 ただし、本免許の発行の前には「取消処分者講習」を受講する必要があります。未受講の場合は本免許の発行ができませんのでご注意ください。
取消処分者講習の注意点、抜け道
取消処分者講習については、実は各都道府県の公安委員会によって対応が異なります。

教習所入校までに取消処分者講習を受講してしまうのが望ましいのですが、「仮免許を取得してからでないと取消処分者講習を受けれない」都道府県もあれば、 逆に「取消処分者講習受講後でないと教習所に入校できない」都道府県もあります。
しかしながら、これらはあくまで各都道府県の公安委員会の規定です。

合宿免許等で他の都道府県の教習所に通う場合は管轄の公安委員会が異なるため、「取消処分者講習受講後でないと教習所に入校できない」 都道府県にお住まいでも、他の都道府県の教習所であれば取消処分者講習受講前に入校できます。
合宿免許のことならお任せ下さい!まずは0120-958-131へお電話を
インターネットから24時間合宿免許の受付中資料請求  お申し込み